66gしかない軽量テーブル カスケードワイルド「ウルトラライトフォールディングテーブル」レビュー

2020年5月11日

ギア

t f B! P L

カスケードワイルド ウルトラライトフォールディングテーブル


山に行けず暇なので装備をちょっとずつウルトラライト志向に切り替えていっているのですが、贅沢品として悩ましいのがテーブル。

すでにフィールドホッパーを持っているのでいらないかなーと思ったのですが、重さが365g。それに比べて今回紹介するテーブルが66gと確実に軽くなります。

利便性が同じなら、軽いほうがいいので結局買ってしまいました。

プラダンの軽さは伊達じゃない


このテーブルの素材はプラスチックでできたダンボール、通称「プラダン」です。

素材の特性としては、軽量性、加工が容易、水に強くて丈夫、といった点が挙げられます。

実際とても軽いです。上でも挙げたとおり、66gの軽さは伊達ではありません。玉子が一個50gくらいなのでその軽さがわかるでしょうか。持っている気がしなくらい軽いです。

組み立ても一瞬


パーツはボタンホックとマジックテープのみで作られています。



丁寧な説明書が付いていましたが見なくても組み立てられるレベル。ボタン外して広げてマジックテープを留めるだけ。文字にすると超カンタンですね。



ちょっとだけ不満点


プラダン製なので当然と言えば当然なのですが、熱には弱いです。162℃までOKらしいですが、あくまでプラスチックなので歪んでしまいそう。アルコールストーブは直で置かないほうが良さそうです。



また、組み立て後に天面がちょっと浮きます。山型になっている感じ。

ちょっとだけ山型に浮いている。側面には蛍光テープ

多分使っていればこなれてくるんでしょうね。



まとめ


いずれにせよ超軽いので、今後日帰りでもテント泊でもレギュラー入りすることは確実です。早く山で使いたいなー。





SEARCH

Twitter ※お問い合わせはこちらから

QooQ