カーナビにFire TV Stickを接続したら移動が超快適 車載方法を紹介

2019年7月25日

ガジェット

t f B! P L

登山口への移動は、電車ですか?マイカーですか?

筆者はもっぱら車移動です。普段から車移動なので、電車をつかう習慣がほとんどありません。

ヘタレ登山者なので、電車移動だと体力持たなくて…言い訳ばかりですみません。





移動中、ヒマ


車移動だと当然渋滞にも巻き込まれるわけで、ヒマつぶしが必要なわけです。

スマホを見るのは安全上問題外。ラジオや音楽を聞いたり、同乗者とおしゃべりもします。でもヒマな時間はやってきます。

そんな時、一番時間を有効に使えるのはやっぱりAmazonプライムです。

同乗者も一緒に楽しめます。



ドラマや映画も、「ながら見」をすることがほとんどで、読書しながらとか、ネットしながらとかがほとんどで、目よりも耳からストーリーを聞いてることがほとんどです。

そんなとき、超長い何シーズンもある海外ドラマとかは暇つぶしにピッタリのコンテンツです。

ずーっと流しておくと退屈しません。画面を注視していなくても、登場人物がよくしゃべるので話は頭に入ってきます。

アクション物は、画面見ないといけないのでオススメしません。あと字幕でしか見られないものも。

カーナビをモニターにするメリット


「iPadを付ければいいじゃん」という声があると思います。

それでもいいのですが、カーナビとしても使いたいとき、ダブルで画面があると邪魔です。

また、タッチで操作するので運転中は危ないです(カーナビ操作も危ないのでやめてください)。今回の方法だと、ナビの種類によりますが動画再生中でもナビと両立させることができます。


なんでFire TV Stickなのか?


今、同様の機能をもつ製品が大きく分けて3つあります。

1つは、このFire TV Stick。

2つめが、Chrome Cast

3つめが、Apple TV

車で使うことを想定したときに(というかどれももともと車で使うことは想定されていません)、一番マシに使えるのがFire TV Stickです。

Fire TV Stickがオススメな理由


Fire TV Stickがオススメ、というか他がダメな理由ですが、

Chrome Castは、「スマホをリモコンにして動画を再生させる」という発想の機器なので、スマホありき

同乗者がいれば話は別ですが、車で一人で使うにはちょっと面倒です。また、本体とスマホをWiFiを介してペアリングする必要があったりするので、ちょっと使い勝手が悪い。

Apple TVは、リモコンも別であり機能面では問題ないのですが、本体がデカい。そして高い(15,800円〜)。車内に設置するにはちょっと邪魔な大きさです。

そこで、Fire TV Stickです。ちょうどいい大きさで、専用リモコンもついていて、音声認識もあるので画面見ずに操作も可能です。価格も4,980円(2020年10月時点)と安く導入しやすい。タイムセールでさらに2,000円引きのこともあります。

接続に必要な機器


使用しているカーナビが、HDMI端子搭載かそうでないか、HDMIが無くてもRCA端子があるか、によって変わってきます。

また、どちらかの端子を搭載していても、場合によってはケーブルを追加しなければならないので、それがカーナビの追加不可な箇所にあったりすると物理的に不可です。
(例えばモニター裏にHDMI端子があって、モニターを閉じるとケーブル追加できないといった物理的に無理がある場合)

Amazonプライムビデオに入会しておく


Fire TV Stickと同時でもいいのですが、先に入会を済ませておくとFire TV Stickのアカウントセットアップが済まされた状態で届きます。モニターに接続さえすればすぐにプライムビデオを見ることができます。


Fire TV Stick


通常版と、4Kが販売されていますが、カーナビと接続する場合は4K買ってもそこまでの解像度が無いので。あまり意味がありません。通常版で問題ないと思います。


HDMI延長ケーブル(必要に応じて)


カーナビにFire TV Stickを直挿しできる場合は、必要ありません。

できない場合は、どこに設置するかを考えて必要な長さのものを購入しましょう。
カーナビ側がオス、Fire TV側がメスのものが必要です。


RCAコンバーター


カーナビにHDMI端子が無く、RCA端子だけがある場合に必要です。Fire TV Stickから出る信号はHDMI。カーナビがRCAしか受信しない場合は、このHDMI信号をRCA信号に変換する必要があります。その機器が「RCAコンバーター」です。

この機器はピンキリあって、しかもカーナビとの相性があります。カーナビメーカーによってはカラー画面にならない場合もあるらしいです。

どの機器がいいかは正直買って接続してみないことにはわかりません。

また、この機器とカーナビを接続するには「RCAケーブル」が必要になります。
こちらもオスメスの確認が必要。大体カーナビ側もRCAコンバーター側もメスなので、オスオスのものを買えば大丈夫だと思います。



シガーソケットUSBチャージャー(必要に応じて)


Fire TV Stickと、RCAコンバーターはUSBからの給電が必要です。

車に備え付けのUSB出力がある場合は必要ありませんが、無い場合はシガーソケットUSBチャージャーを購入しましょう。USBは、Fire TV StickとRCAコンバーター両方に給電する必要があるので、二口のものがあれば足ります。





モバイルWi-Fi


ネット環境が無いと動画を見ることはできません。

Fire TV Stickはモバイル用の機器ではないので、ギガをバカ喰いします。家庭用TVで利用するのが前提のため、そこまで通信容量を節約してくれません。普段使っているスマホをテザリングしてもいいのですが、通信制限のないモバイルWi-Fiだと安心です。




楽天UN-LIMITだと、楽天回線エリアは狭いのですがパートナー回線エリアはauなので、ほぼ日本全国で使えます。
回線速度も容量を超過しても1Mbpsで使えるので、動画を見るのに今のところ支障はありません。

裏技として、スマホにあらかじめダウンロードしておく⇒ミラーリングしてカーナビに写して見る、という方法もありますがこれは操作がちょっと面倒です(Fire TV Stickにはミラーリングの機能が予め備わっています)。


以上を踏まえて、図にするとこんな感じになります。

カーナビ Fire TV
クリックで大きい図を見る


参考:筆者の接続環境と注意点


筆者のナビはPanasonic strada CN-L880LEDという機種です。

外付けのHDMI端子はありませんがRCA端子が付いているので、上図の赤ラインの接続方法です。

2つ問題点があって、
1つ目はシガーソケットUSB→Fire TV Stickに電源を直接つなぐと音声ノイズが乗ってしまいます。

2つ目はこれもシガーソケットUSB→Fire TV Stickに接続しているとき、アイドリングストップ時の電圧に耐えられないらしく、アイドリングストップ→エンジン始動すると高確率で再起動になってしまいます。

この現象への対処として、一度モバイルバッテリーを噛ませて、電力をバッテリーにプールしてから接続することでノイズと再起動を回避しています。

ただこの方法だと給電はモバイルバッテリー経由になり、エンジンON/OFFで連動はしないので、エンジンを切ったときにナビの画面は消えても、Fire TV Stickは起動しっぱなしになってしまいます。これにはモバイルバッテリーとFire TV Stickの間にUSBのオンオフスイッチをかませて物理的にスイッチを切ることで解決しました。最悪スイッチを切るのを忘れても、モバイルバッテリーの電力を消費するだけなので寿命を気にしないならつけっぱなしでもOK。車のバッテリーに影響はありません)。

ここで使用するモバイルバッテリーは、容量はとくに気にしなくても大丈夫ですが充電しながら給電できる「パススルー」という機能を持ったものがベスト。

ちなみにPCやスマホの充電も同時にしているので、使っているのはこちらです。


なお、これらを配線・装備するためにナビを外して、裏から配線を回してシフトレバーの下を通して、センターコンソールボックス(ひじ掛けの部分)にすべて入れているので、配線が外に出たりせずきれいに収まっています。

リモコンにはマグネットを付けて、シフトレバーの横に備え付けてあります。




注意点


これはメーカーが想定した使用方法ではありませんので、自己責任でお願いします。

ただ筆者は2年以上問題なく使用できています。

Fire TV Stickは熱に弱く(Fireなのに)熱暴走でシャットダウン→再起動を繰り返したりするので、ヒートシンクを付けたり余剰電力でファンを付けたりして熱を逃がしています。

夏場はちょっと冷ましてから使うなど、工夫は必要です。





ちなみに、Amazonが売っているからといってプライムビデオしか見られないわけではありません。

YouTubeで音楽も聞けるし、Netflixや、Hulu、DZONなど、かなりのコンテンツが見られます。

DVDにも飽きた、ラジオ、TV、音楽にも飽きた、という人にもオススメです。アレクサに話しかける回数も増えますよ。

SEARCH

Twitter ※お問い合わせはこちらから

QooQ