染み染みレインジャケットの撥水を復活させてみた 「グランジャーズ」

2019年7月20日

メンテナンス

t f B! P L
レインジャケット 撥水

2年くらい使っているパタゴニアのストレッチ・レインシャドー・ジャケットの撥水性が著しく下がってしまいました。

定期的に洗濯と熱乾燥(といってもドライヤーで熱風をあてるくらい)はしていたのですが、これだと1時間以上雨にさらされる状況だと染みてくる状況。

パタゴニアのサイトのよくある質問を確認してみると、メンテナンスには「グランジャーズをつかってメンテナンスをすると良い」とのこと。

さっそくポチってみました。







この商品の特徴


今回購入したのは、洗剤と撥水剤がセットになったツインパック。
両方とも、容量は300mlで、価格は2,332円(税込)でした。


グランジャーズ

パフォーマンスウォッシュ(左)→洗剤 


親水性のさまざまな化学物質を衣類に残す従来の洗剤とは異なり、グランジャーズ・パフォーマンス・ウォッシュはDWR(耐水性撥水)加工を保護しながら、染みや汚れや臭いを取り除きます。テクニカルなアウトドアウェアを無香料で効果的に洗浄し、透湿性の最適化と撥水性の維持を促進します。
こちらは1着で50ml使用。300ml入なので、6着分。

クロージング・リペル (右)→撥水剤


グランジャーズ・クロージング・リペルは洗濯機投入タイプで、さまざまなウェアのDWR(耐水性撥水)加工の回復に最適です。新開発アクリルポリマー成分で、高い撥水効果を発揮。すべての防水性シェルに使用可能で、ゴアテックス®を含む全素材に推奨されています。
こちらは1着で100ml使用。300ml入なので、3着分。

お洗濯開始


まずは、すべてのジッパーを閉めます。こうしておかないと、生地が痛みます。
できればネットに入れて洗ったほうがいいかも。

洗濯開始して、緑のパフォーマンスウォッシュ50ml(キャップ1杯分)を投入。
なおこのとき、温水で洗うとより汚れが落ちるそうです。


あとは洗濯・すすぎを行います。すすぎは2回にします。

洗濯が終わったら、今度は同じ工程で撥水加工をします。

オレンジのクロージング・リペル100ml(キャップ2杯分)投入。

グランジャーズ 使い方

洗濯・すすぎが終わったら、脱水はしてはいけません。破損する可能性があります。

陰干しと乾燥


ちょっと絞って物干しへ。
ビショビショのままですが、しばらく陰干しで乾燥させます。
(乾燥機付洗濯機の場合は、この工程はいりません。欲しいなぁ、乾燥機)


グランジャーズ 使い方

乾燥したら、熱を加えて撥水効果を出します。
アイロンの低温(あて布をしてください)で熱を加えるか、ドライヤー、もしくは乾燥機で熱を加えます。

今回私はドライヤーで熱を加えました。


なお、使い方動画も公開されています。



効果のほどは


水をかけてみました。

グランジャーズ 使い方

テフロンフライパンみたいに弾いてます。

一定の効果はあったようです。

しかし、残った水玉を拭いたあと、ジワーっと薄く残ったような感じになってしまいました。

グランジャーズ 使い方


まとめ


推測になりますが、最後に水をかけて試した部分は普段バックパックを背負って摩耗している部分なので、その分他の場所より撥水効果が減っていたのかもしれません。

熱乾燥のかけ方もドライヤーというなんともアナログでムラのある方法なので、ちゃんとした乾燥機でかけたらまた違った結果になると思います。

もうじき梅雨も終わり、レインジャケットを「常に」使っている時期も終わりますので、また雨の日がきたら街でも使用感を試してみたいと思います。

今回は洗剤と撥水剤が分かれているタイプを購入しましたが、リンスインシャンプーみたいに両方いっぺんにできる製品もあります。ものぐさな人には、こっちのほうが簡単かもしれません。




QooQ