山と道のメリノヘンリーネックTシャツに穴が空いたので修理をお願いしました

2021年9月17日

メンテナンス

t f B! P L




 


2020年10月に購入した山と道「メリノヘンリーネック」。


デザインが優秀すぎて仕事でもプライベートでも毎日のように着ていました。


洗濯はだいたい3〜4日着たらネットに入れて普通に洗濯。このあたりのメンテナンスフリーな感じもお気に入りポイント。


半年ほど経ったある日、よーくお腹のあたりを見ると光が漏れている……。なんということでしょう。どこかに引っ掛けたか、虫食いかはわかりませんが、大事な大事なウェアに穴が空いてしまっていたのでした。それも3箇所も。


山と道 メリノウール 穴



高かったので捨てるという選択肢はなく、なんとしてでも修理できないかいろいろ調べてみて、山と道の公式サイトを見ると、「修理はこちら」というページ。中を見てみると、ありました。


山と道修理部通信#1 メリノウールの穴を補修する


目的にそのまま合致した記事です。中身を読んでみると、「フェルティング」という技法で修理できることがわかりました。


必要なものは、


・ウール原毛

・フェルト針

・フェルティング用スポンジ

・石鹸水(コップに1〜2滴洗剤を入れたもの)


だそうで、これを簡単に言うと、ツンツンしてもとの生地に合体させて均していくそう。


…めんどくせぇ。。同じ色の原毛用意できないし……と思ったら、


山と道では弊社製品と同色に染めた補修用原毛をご用意しており、同色での補修が可能です。修理代金500円(1穴につき)+tax+往復の送料で承りますので、下記の「修理について」をご参照ください。


あ、依頼できるんだ!ということで、依頼してみました。


依頼したのが6/30。

で、到着したのが7/30なので、ほぼ丸一ヶ月かかりました。


仕上がりがこちら。

山と道 修理
関係ないけど心なしか腹が出ている気がする


きれいにふさがってる!


でも目立つとはわかっていたけど、けっこう目立つなぁ……。料金はひと穴500円+送料で、案内どおりでした。


まぁこれも味か、と思うようにして、変わらず毎日のように着ています。


登山にも着ていきましたが、やはりまだ補修箇所が馴染みきっていないのか、汗をかいたら補修部分だけより浮いて見えました。これも時間とともに目立たなくなっていくのかなぁ。


山と道 修理
シャツの下部分はまだ汗に侵食されていない



なにはともあれ、今日もサスティナブルな活動ができました。





SEARCH

Twitter ※お問い合わせはこちらから

QooQ